スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cassandraの設定メモ

Cassandraを触るのでメモ。
たぶんこんな感じ・・・のハズ。
 
  • インデックス
検索用のキャッシュみたいなもの
・PrimaryIndex
Primary Keyに付随するインデックス
・SecondaryIndex
任意でカラムを指定して作成するインデックス
  • パーティション
RowLey(Primary Key?)のソート方法。
データの分散に使用される。
デフォルト:RandomPartitioner  ->  Murmur3Partitioner
その他:ByteOrderPartitioner, OrderPreservingPartitioner
  • レプリケーションファクタ
クラスタ構成の場合、データを各ノードに分散して保持する。
例えば、1, 2, 3, 4, 5, 6....10というデータがああり、1-5はAノード、6-10はBノードとした場合、
Aノードがダウンすると1-5までのデータへのアクセスが出来なくなる。
レプリケーションファクタで設定されたノード分、データのレプリカを保持する事で問題を回避できる。
テーブル単位で設定できる。
  • 一貫性レベル
データのRead/Write時にレベルの設定が可能。

WRITE時

一貫性レベル動作
ANY最低でも1個のノードでデータが書き込まれる。
*書込み先ノードが全てダウンしていた場合、復旧するまではデータが読めない。
ONE最低でも1個のノードで(コミットログとメモリテーブル)にデータが書き込まれた段階でレスポンスを返す。
QUORUM(レプリケーションファクタ÷2)+1個のノードにデータが書き込まれた段階でレスポンスを返す。
LOCAL_QUORUM同じデータセンタ内の(レプリケーションファクタ÷2)+2個のノードにデータが書き込まれた段階ででーt
EACH_QUORUM全てのデータセンタの(レプリケーションファクタ÷2)+3個のノードにデータが書き込まれた段階でレスポンスを返す。
ALLレプリカが保持されるすべてのノードにデータが書き込まれた段階でレスポンスを返す。


Read時

一貫性レベル動作
ONEスニッチによって決定される最も近いノードのレプリカの値を返す。
QUORUM(レプリケーションファクタ÷2)+1個のノードからデータを読み込み、その中で最新のタイムスタンプを持つデータを返す。
LOCAL_QUORUM同じデータセンタ内の(レプリケーションファクタ÷2)+2個のノードからデータを読み込み、その中で最新のタイムスタンプを持つデータを返す。
EACH_QUORUM全てのデータセンタで(レプリケーションファクタ÷2)+3個のノードからデータを読み込み、その中で最新のタイムスタンプを持つデータを返す。
ALLレプリカの存在するすべてのノードからデータを読み込み、その中で最新のタイムスタンプを持つデータを返す。

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

おむつまん

Author:おむつまん
ラグナロクオンラインのTrudr鯖でWLやってました。
今はガンオンでS鯖連邦メインでやってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。